【ロレックス】通信 |新型コロナウイルスで「バーゼルワールド」が延期に! さてどうなるのかロレックスの2021年新作発表?

前々回のロレックス通信No.027でシードゥエラー4000について紹介したが、その続きというわけではないが、その後継機である現行シードゥエラーを取り上げたい。ただ今回は2019年にリリースされたコンビ(ロレックスではロレゾールと呼ぶ)モデル、Ref.126603の実機を借りられたので、そのレビューをお届けする。

 このRef.126603だが、実のところ2019年にロレックスが発表した新作の中で筆者が1番に驚いたモデルなのである。驚いたと言っても、思わず「どうしたの?」と首を傾げてしまったというほうが正しい。

Ref.126603。K18YG×SS(43mm径、ベゼルセラミック)。1220m防水。自動巻き( Cal.3235/耐磁性ブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイ、パレフレックス ショック・アブソーバー採用/毎時2万8800振動/約70時間パワーリザーブ)

 なぜかというと、みなさんもご存じのとおりシードゥエラーはサブマリーナの上位機種として、あくまでもプロ仕様として開発されたという背景がある。スーパーコピー時計シードゥエラーの歴史を振り返ってみても50年以上もの間、レギュラーコレクションとしてのバリエーションは存在せず、これまではモデルチェンジが実施されても常にステンレススチールモデル1型だけだったからだ。

 新たなユーザー層を見据えた展開なのはなんとなく察しがつくが、それもやっぱり背景にあるのはセールス的な問題なのだろう。

 確かにロレックスのダイバーズウオッチにはシードゥエラーのはるか上をゆく性能を備えたディープシーがある。サブマリーナデイトとその中間に位置するシードゥエラーは、名前こそ防水時計史に残る名機だが、いまとなってはスペック的にはその上のディープシーがある以上、プロ仕様としてもはやステンレスモデルだけに固執する必要もない。その意味では新たな需要を喚起させる戦略としてラグジュアリーラインを投入するのも仕方のないことなのかもしれない。

 では、実機を実際に見ていくことにしよう。

シードゥエラー4000の後継機として2017年にリリースされたRef.126600。6時位置にあるモデル名の「SEA-DWELLER」が赤文字のため、アンティーク市場で高騰する通称赤シードの再来として話題を呼んだ

 まず、ステンレスモデル、Ref.126600(写真)との違いを確認すると、ベゼルとブレスレットの中ゴマに18金イエローゴールドを採用。時分秒針もベゼルと同じくイエローゴールド(ステンレスモデルはホワイトゴールド)が使われている。

 加えてインデックスのメタルリングもイエローゴールドだ。当然だが、6時位置のモデル名「SEA-DWELLER」もステンレスモデルの赤ではなくゴールドカラーで全体のトーンに合わせられている。ちなみにこのように文字盤にあるロゴや防水表示などの文字にゴールドが使われたものをアンティークロレックスの世界では“ゴールドレター”と呼んで珍重している。

ケースサイズは43mm。これはディープシーより1mm小さいだけだ。旧モデルのように40mmならまだしも、ここまで大きくなるとさすがに普段使いするのは厳しい。しかも重い

 さて着けたときの印象は、ズッシリとした重量感とケースサイズ43㎜の存在感が真っ先に感じた。しかもケース厚は編集部の実測値で約16㎜(ステンレスモデルも同じ)ある。

 着けた写真からではあまり感じないかもしれないが、実際に見るとこの厚さが加わりより大きく感じるのである。デイトナ スーパー コピーこのサイズ感を考えると、日常使いするのであればやっぱりサブマリーナデイトに軍配があがるのはある意味仕方のないことかもしれない。しかしながらコンビといえどそこはシードゥエラー、カッコ悪いはずはない。ただ大柄の人でないとサイズ的にはこのモデルの魅力を享受することは難しいように感じた。

 さて、現在の国内定価は2020年元旦の改定によって169万8400円から175万4500円に値上がりした。それに対して並行輸入市場の実勢価格は安値で190万円台だ。なおステンレスモデル、Ref.126600は国内定価123万900円に対して実勢価格は170万円前後。コンビのRef.126603もプレミアム価格であることには違いないが、ステンレスモデルに比べればまだ定価との価格差は少ないのである。

フランク ミュラーの名作ウォッチ「ロングアイランド マザー オブ パール」の真価とは?

リモートでもリアルでも、さまざまなシーンで知的な演出を叶えてくれる代表格が、レクタンギュラーケースの時計。グラフィカルなフォルムが端正な魅力を発揮し、まとう人を引き立てます。なかでも格別のオーラを放つ名門ブランドのタイムピースを、4回の短期シリーズでご紹介します。本記事では、フランクミュラー 時計 人気(FRANCK MULLER)の「ロングアイランド マザー オブ パール」をピックアップ。2000年に発表されて以来、手元を印象的に格上げしてくれるウォッチとして人気を博している「ロングアイランド」。マザー オブ パール ダイヤルのモデルは、神秘的な一面が加わり、いっそうスタイリッシュな演出を約束してくれます。ビジネスシーンでも自分らしくありたいという方は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

アイコンウォッチ「ロングアイランド」に知的なオーラを添えた注目モデル
リモートでもリアルでも、さまざまなシーンで知的な美しさを添えてくれるのが、レクタンギュラーケースの時計。グラフィカルなフォルムが端正な存在感を発揮し、まとう人を引き立てます。なかでも格別のオーラを放つのが、名門ブランドのタイムピースです。

そこで、キャリア女性に人気の高い4ブランドのウォッチを厳選してご紹介し、魅力を解き明かすというシリーズ企画をお届け。本記事では、フランク ミュラー(FRANCK MULLER)の「ロングアイランド マザー オブ パール」に注目します。

神秘的な表情を湛えるマザー オブ パールのダイヤル、印象的なビザン数字、アクセントのスペード型の針、そして心地よいフィット感のケース。それぞれに個性を放つエレメントが比類のない調和を奏でる「ロングアイランド マザー オブ パール」は、時計製造技術の粋を集めた最高にスタイリッシュな時計。そこには極上の優美さと知性が宿ります。

「ロングアイランド」は2000年の発表以来20年以上人々を魅了し続けるロングセラーのコレクション。手掛けたのは創業者のフランク ミュラーで、アメリカ東海岸のビーチリゾートとして知られるロングアイランドでの体験に着想を得て生み出しました。

スピードが速いマンハッタンの摩天楼と、リラックスした美しい街並み。この対照的な二つの要素を兼ね備えた時計を作りたいと考えたのです。人気の秘密は1910〜1925年ごろのアール・デコ様式を、フランク ミュラーならではのコンテンポラリーな感性で解釈したデザイン。その豊かなオリジナリティーは進化しながら今もなお光り輝きます。


人間工学の視点から着け心地のよさを追求した、湾曲したケースも特徴。ニューヨークからロングアイランド島にかかる大きく古い橋からイメージを得ているそう
独特の美しさに満ちたデザインを支えるのは、時計製造の匠の技。たとえばダイヤルは、時計の聖地、スイスのジュラ地方にあるダイヤル工房「文字盤のマニュファクチュール」で作られています。

エレガントな光沢を放つマザー オブ パールのダイヤルもそうした職人技のたまものです。約0.4ミリの文字盤に同じ厚みのマザー オブ パールを入念に貼り付けています。マザー オブ パールは通常の2〜3倍の厚みのものから、湾曲した面に合わせて「曲げた」状態でかたどるという難易度の高さ。もちろん素材の選別も職人の鑑識眼がものをいいます。

ビザン数字も設計からセッティングまでマニュファクチュールが担っています。「時計スーパーコピー」では、ケースの角にくる数字の一部が角形に改良され、長方形のダイヤルにぴったりと収まるフォルムが特徴。ビザン数字は視認性も高く、デザインだけでなく機能面でも卓越しています。

「ロングアイランド マザー オブ パール」の、大胆さと繊細さが共存する知的で洗練された表情は、一本一本が丹精込めて仕上げられてこそ生まれるもの。ひとたび身につければ自然とその魅力が溢れ出し、いつでもどこでも何を着ていても、オーラのあるスタイルを演出してくれるタイムピースです。

■1:ピンクゴールド|モダンなデザインに気品香る華やかなオーラをプラス

「ロングアイランド マザー オブ パール」¥1,430,000 ●ケース:18Kピンクゴールド ●ケースサイズ:縦32.5×横23mm ●ダイヤル:マザー オブ パール(グレー) ●ストラップ:クロコダイル ●ムーブメント:クォーツ
ケース、ビザン数字、針は、素肌に美しく映えるピンクゴールド。緩やかなカーブが周囲の光を余すところなくとらえ、柔らかなプリズムが生まれます。色と光の絶妙なコンビネーションによる独特のミステリアスな雰囲気も魅力。

ビザン数字はまた、ひと目でフランク ミュラーとわかるアイコン的な役割も果たすので、自分スタイルの演出にも便利。グレーのクロコダイル ストラップとの組み合わせでコントラストを表現したモデルなら、白や淡い色のトップスにアクセントを添えてくれます。

■2:ホワイトゴールド|オリジナリティを端正に表現する極上のデイリーウォッチ

「ロングアイランド マザー オブ パール」¥1,430,000 ●ケース:18Kホワイトゴールド ●ケースサイズ:縦32.5×横23mm ●ダイヤル:マザー オブ パール(グレー) ●ストラップ:クロコダイル ●ムーブメント:クォーツ
グレーのマザー オブ パールとホワイトゴールドで、光の戯れをクールに表現したデザイン。ホワイトのクロコダイル ストラップで、リュクス感を添えています。よりさりげなく自分らしさを表現するのにふさわしいウォッチといえます。

モノトーンの効果で、端正で理知的な表情が際立つ一本。強い色とのコントラストを楽しんだり、柄物の服を引き締めたりしたいときにおすすめです。あえて白い服に合わせると、いっそうこなれた印象に。

男性らしいクールさ引き立つ質感とデザインが人気

top1

GaGa MILANO スーパーコピー FRAME ONE 7250.01
top2

ロジェデュブイ スーパーコピー RDDBVE0076 ベルベッド36 ハイジュエリー
top3

ウブロ ベルルッティ コピー クラシック・フュージョン クロノグラフ 521.BZ.05IG.VR.BER19
top4

ブルガリ コピー レディース ブルガリ· ブルガリ レディ 103065
top5

シチズン メンズ カンパノラ グランドコンプリケーション CAMPANOLA CTR57-1001

フォッシルは、アメリカで1984年に創立されたアクセサリーブランドです。

大人気ブランド時計コピー専門店シンプルでありながらトレンドの変化をさりげなく取り入れたメンズ腕時計は、創業当時からのファンも多いです。
中でも渋みを感じさせる色使いや質感が、特に40代男性に人気を集めています。

また、近年注目が集まっているスマートウォッチからオーソドックスなデザインまで、幅広いラインナップがあるのも嬉しいポイントです。
常に時代を先見しながらも進化を続けており、革新的な腕時計を開発し続けています。

ベル&ロス 新作コレクション「BR05」

アーバン・インストゥルメント

 過酷な環境下で活動するプロフェッショナルに向けたスクエア時計、「BR03」。このモデルに象徴されるアビエーション・ウォッチにおけるトップ・ブランドBell & Rossの新たなコレクション「BR05」が公開されます。ブランドの理念である「視認性」、「機能性」、「信頼性」、そして「高精度」。この言葉に忠実に従ったニューモデルは、都市に相応しい毅然とした外観と使用感を特徴としています。ケースにあしらわれたラインは、

 Bell & Rossのアイデンティティの一部でもある幾何学図形の「丸」と「四角」を組み合わせたもの。BR05の構造は、「四角」に連想される厳しさを凌駕し、さらに「丸(円)」から受ける完成度の高さを超えて、独自の個性を定義します。自信に満ちたスタイルは、都会のエネルギー、リズム、豊かさを引きたて、BR05は、都市を探索する者たちに向けた時を刻む計器なのです。

一体化されたデザイン

 BR05はケースが一体化された時計です。ブレスレットとケースがつながっているような、一体感のあるフォルムを成しています。Bell & Ross共同創設者兼クリエイティブ・ディレクターのブルーノ・ベラミッシュのコメント:「ケースとブレスレットの一体化は我々のビジュアル・アイデンティティに一致するだけでなく、時計自体に新たな側面をもたらします。最初のリンクはケースの一部を形成しています。この種のデザインは70年代まで遡ることができますが、ひとたびBell & Rossの手にかかれば、印象的で現代的な幾何学的図形に命が吹き込まれるのです」

新しい視点

 BR05では、その上質な仕上げが目を引きます。四角いケースの直径は40mmで、完璧にフラットな表面にはサテン仕上げが施されています。ポリッシュに仕上げられたエッジ部分は、ケースデザインのボリュームを強調します。サテン仕上げとポリッシュ加工が交互に配される表面のデザインは、驚くほど柔軟性のあるステンレススティール製ブレスレットにも見られます。アーチ部分の曲線は特に慎重にデザインされ、すべてのコンポーネントは完璧に配列され、あらゆる手首になめらかにフィットします。

 新しいコレクションには、スタイリッシュなリブ付きラバー・ストラップも用意されています。BR05の文字盤は繊細な輝きをはなつサンレイ仕上げとなっており、抜群に読み取りやすくなっています。また、シルバーグレー、マリンブルー、ディープブラックの文字盤をラインナップ。
 BR05コレクションは、BR-CAL.321のメカニズムを採用。オープンワークを施した360度回転する振り子式ローターを採用しています。

強靭な宝石

 一体化されたデザインを持ち、堅牢で快適、繊細な仕上げが施されたBR05は、アクティブで都会的なライフスタイルに最適です。個性豊かなこの時計は、強さと優雅さを醸し出し、Bell & Rossが贈る彫刻のように魅惑的で、最も新しいマスキュリンでパワフルな宝石です。モダンなライフスタイルの課題に毅然と立ち向かう現代人にとって、また時間や自らの運命をコントロールしたいと願う人にとって、理想的なツールなのです。

BR05 BLACK STEEL
Ref:BR05A-BL-ST/SST(ブレスレット)、BR05A-BL-ST/SRB(ラバー)
ケース径:40mm
ケース素材:ステンレススティール(サテン/ポリッシュ仕上げ)
防水性:100m
ストラップ:ステンレススティール製ブレスレット(サテン/ポリッシュ仕上げ)、またはブラックラバー、フォールディングバックル
ムーブメント:自動巻き、キャリバー BR-CAL.321
仕様:時、分、秒、日付、サンレイ仕上げのブラックダイアル、スーパールミノバ®をコーティングしたアプライドの数字とインデックス

シャネル 新生J12イベント“DECISIVE SECONDS”開催

シャネル時計新生J12イベント“DECISIVE SECONDS”開催

シャネルが、ブランドを代表するウォッチ・新生「J12」の全国発売に先行し、期間限定のイベント「DECISIVE SECONDS(決定的瞬間)」を開催する。本イベントは2019年5月29日(水)~6月4日(火)の1週間、伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ、阪急うめだ本店 1階 コトコトステージ11、阪急メンズ大阪 1階 特設スペースにて同時開催となる。

シャネル J12
2000年、スポーティーでモダンなデザインと、セラミックを外装に用いた斬新さでウォッチメイキングの世界に衝撃を与え、“21世紀のアイコンウォッチ”と称されたJ12。2019年発売の新生J12 は、その本質はそのままに変容と進化を遂げ、何ひとつ変わることなく、新しく生まれ変わる。

人生のあらゆる瞬間に寄り添う、新しいJ12。シャネルとゆかりの深いセレブリティたちが人生を変えた決定的瞬間について語るJ12のグローバルキャンペーンから着想を得た本イベントは、彼女たちのビジュアルとともに、新しいJ12のフレッシュな魅力を紐解き、6月5日(水)の全国発売に先駆け、展示・販売を行うイベントとなっている。

イベント概要
期間限定イベント「DECISIVE SECONDS(決定的瞬間)」
開催期間:2019年5月29日(水)~6月4日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ (東京都新宿区新宿3-14-1)
阪急うめだ本店 1階 コトコトステージ11 (大阪市北区角田町8番7号)
阪急メンズ大阪 1階 特設スペース (大阪市北区角田町7番10号)
展開商品:J12新作 他