エルメス 2020年春夏 フランス・パリのモビリエ・ナショナルで発表された。

エルメス スーパーコピー(HERMÈS) 2020年春夏メンズコレクションが、フランス・パリのモビリエ・ナショナルで発表された。

軽やかな夏の空気を纏って

今季エルメスが提案するのは、軽やかで心地の良い夏の装い。パレットは、ベージュ、カーキー、グレーといったニュートラルカラーをベースに、爽やかなペパーミントやバブルガムローズ、コーンなどを差し色としてミックス。またゆったりとしたワイドパンツに、足元はサンダルというのが基本スタイルで、肩ひじ張らないリラックスしたムードがコレクション全体に流れている。

ラフな着こなしに宿る気品

トップスは、シャツ×シャツ又はシャツ×カーディガンなどレイヤードスタイルが主流。ボトムスにはタックインすることのないラフな着こなしなものの、たしかな気品を宿しているのはメゾンならではの成し得る技。身体と洋服の間に生まれる空間さえも計算した洋服は、風を含むたびに偶発的な美しいシルエットを描き、エレガンスなムードへと導く。

上質なレザーを多用

リネンやコットン、テクニカル素材など、夏らしさを助長する軽やかなファブリックに加え、メゾンを象徴するレザーを使用したアイテムも多数登場。赤のアスティカージュ(蝋止め)がアクセントになるベージュのレザージャケットや、柔らかなカーフスキン、フリースを想起させるメティスレザーを使用したアウターなどがラインナップ。またピンクのカシミアニットのカーディガンは、ブラックのラムスキンを丁寧に編み込んだ、精巧なクラフトマンシップが感じられる一着だ。

シルクスカーフ柄のアイテムも

ストライプやチェック柄、グラフィカル模様など、コントラストをきかせた色彩がコレクションにリズムをもたらしていく。

中でもひと際目を惹いたのは、ショーの終盤を飾った“シルクスカーフ”柄のシャツジャケットやブルゾンといったアウター群。複数のアーカイブのスカーフを組み合わせたというこれらのワードローブは、馬具の金具やサーフボード、空想の動物たちといったモチーフを一着に共存させたプレイフルなデザインが特徴だ。ボトムスには、涼し気なストライプ柄のパジャマパンツを組み合わせて、軽やかな夏の装いを最後まで楽しんでいた。

シャネル 新生J12イベント“DECISIVE SECONDS”開催

シャネル時計新生J12イベント“DECISIVE SECONDS”開催

シャネルが、ブランドを代表するウォッチ・新生「J12」の全国発売に先行し、期間限定のイベント「DECISIVE SECONDS(決定的瞬間)」を開催する。本イベントは2019年5月29日(水)~6月4日(火)の1週間、伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ、阪急うめだ本店 1階 コトコトステージ11、阪急メンズ大阪 1階 特設スペースにて同時開催となる。

シャネル J12
2000年、スポーティーでモダンなデザインと、セラミックを外装に用いた斬新さでウォッチメイキングの世界に衝撃を与え、“21世紀のアイコンウォッチ”と称されたJ12。2019年発売の新生J12 は、その本質はそのままに変容と進化を遂げ、何ひとつ変わることなく、新しく生まれ変わる。

人生のあらゆる瞬間に寄り添う、新しいJ12。シャネルとゆかりの深いセレブリティたちが人生を変えた決定的瞬間について語るJ12のグローバルキャンペーンから着想を得た本イベントは、彼女たちのビジュアルとともに、新しいJ12のフレッシュな魅力を紐解き、6月5日(水)の全国発売に先駆け、展示・販売を行うイベントとなっている。

イベント概要
期間限定イベント「DECISIVE SECONDS(決定的瞬間)」
開催期間:2019年5月29日(水)~6月4日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ (東京都新宿区新宿3-14-1)
阪急うめだ本店 1階 コトコトステージ11 (大阪市北区角田町8番7号)
阪急メンズ大阪 1階 特設スペース (大阪市北区角田町7番10号)
展開商品:J12新作 他

ジュエリーブランド、コールムーン「Single Form」展を開催中。

ジュエリーか、オブジェか? コールムーン「Single Form」展が浅草橋で開催中

ジュエリーブランド、コールムーン(CALLMOON)が、東京・台東区の浅草橋駅最寄りのギャラリーCPK GALLERYで、「Single Form」展を開催中。

ミニマルで有機的なフォルムが特徴のコールムーンのジュエリー。身体の曲線や動き、またバーバラ・ヘップワースやコンスタンティン・ブランクーシといった彫刻家から着想を得たアーティーなピースには、しなやかさと強さが秘められている。

本展では、自然の石にシルバーのジュエリーを纏わせた、コールムーンとして初の試みの作品がお披露目された。

石は、デザイナーが海や山で出会ったもの。その自然環境の力によってつくられた形態にフォーカスし、石の一部に沿わせるようにして模ったシルバージュエリーがぴったりと密接している。

「ご自由にお手にとってご覧ください」と添えられたこの作品は、文字通り自由に触れることができる。手のひらを通じて認識する、石の形や質感、質量。刻々と刻まれた時間の経過や、環境を受け入れてきた自然の痕跡を感じ、そしてそのスピリットを描出したジュエリーを身に付けることで、自然と人間の関係性を改めて再考させられる。

自然界の波長に合わせて素材と向き合いながらフォルムを追求し、創造しながら生まれた作品は、驚くほど人の身体と調和する。肌に合わせた時に感じる石の冷たさ、静かな弧を描く線やフォルムを通じ、自然の一片を感じ取ることができるだろう。

無論、ジュエリーは石ごとに型が取られた一点もので、石とジュエリーのセットで販売も予定されている。ジュエリーとして身につけない時には、石の一部として戻し、目で楽しむオブジェになる。

会期中、会場ではマテリアルとファッションをテーマにした10人による作品も同時に見ることができる。期間は5月19日まで。

ティファニー 新作コレクション「リターン トゥ ティファニー ラブ バグ」

ティファニーの新アイコン「リターン トゥ ティファニー ラブ バグ」コレクション誕生

ティファニー(Tiffany & Co.)の新作コレクション「リターン トゥ ティファニー ラブ バグ」が誕生。

1969年のアイコニックな「リターン トゥ ティファニー キーリング」にインスパイアされ誕生したジュエリーコレクション「リターン トゥ ティファニー」の要素を、ティファニーが敬愛する自然をイメージソースに、鮮やかな世界の中で再解釈した「リターン トゥ ティファニー ラブ バグ」コレクション。都会の庭園から着想を得たジュエリーは、蝶や花、鳥、テントウムシなどをモチーフに、動植物を称えてきたティファニーのレガシーにオマージュを捧げている。

今回は、スティックピンやブローチ、 ペンダント、リングが登場。アメシストやブルートパーズ、イエロークォーツ、グリーンクォーツなどのカラーストーンや、ダイヤモンドに、ゴールド(イエロー、 ローズ、 ホワイト)やスターリングシルバーといったメタル素材をミックスし、ファインジュエリーのような美しいジュエリーたちが生み出された。